白内障手術
白内障手術
白内障とは?
人間の目はカメラと構造が似ています。カメラの"しぼり"は人間の目の虹彩、レンズは水晶体、フィルムは網膜に相当します。白内障は水晶体が濁って光が網膜に届きにくくなる病気です。初期には"かすみ"など自覚するだけですが、進行するにつれて視力が低下し、極めて進行すれば、目の前に出された指の数も分からなくなってしまいます。
白内障の治療
初期の白内障は目薬で進行を防ぎます。しかし進行してしまうと手術を受けなければ治りません。白内障の手術は濁った水晶体を超音波で砕いて取り除き、かわりに人間が作った水晶体である人工水晶体(IOL)に入れ換える手術です。手術時間は麻酔(局所麻酔)や消毒の時間を含めても10〜15分です。また、手術後ほとんど痛みはありません。当院では手術後1時間ほど休んでいただき、その後帰宅してもらいますので、特別な安静も必要ありません。
Copyright (C) 2009 Fujita Eye Clinic All Right Reserved.